スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主推薦の本郷谷氏が初当選 千葉の松戸市長選(産経新聞)

 任期満了に伴う千葉県の松戸市長選は13日投開票され、無所属新人で元市議の本郷谷健次氏(61)=民主推薦=が、5選を目指した現職の川井敏久氏(67)、新人で元市議の杉浦誠一氏(60)ら4人を破り初当選を果たした。投票率は42・07%だった。

 市立病院の移転と多選の是非を争点に、本郷谷氏は民主党推薦を前面に出し、市立病院移転の強行は財政破綻(はたん)を招くとして、現在地での建て替えを訴え、支持を広げた。菅政権誕生も追い風になった。

 川井氏は訴えを市立病院移転の実現に絞り、有権者に選択を求めたが、16年間の長期市政を支えた組織が最後まで機能せず、多選批判に敗れた。

 杉浦氏は市民主導による松戸再生を訴えたが浸透しなかった。川井氏と保守票を分け合う形になったこともあって、票が伸びなかった。

【関連記事】
五所川原市長に平山氏再選 13日の市長選
橋下知事の維新の会、大阪市議団7人に
「民主主義への挑戦」福島氏が外相批判
みんなの党、民主“反転攻勢”に危機感
名古屋市政、改革か混乱か 河村市長vs片山さつき氏

アジサイ庭園のライトアップ 三室戸寺(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離(産経新聞)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
菅連立内閣、8日夜発足=11閣僚を再任、首相就任会見へ(時事通信)
スポンサーサイト

環境に配慮したベンツのSUV「ML 350 BlueTEC 4MATIC」――登山家・野口健特別仕様車も(Business Media 誠)

 メルセデス・ベンツ日本は、「Mクラス」の「ML 350 BlueTEC 4MATIC」を5月31日に発売した。クリーンディーゼルエンジンを搭載し、輸入SUVで初めて「ポスト新長期ディーゼル排出ガス規制」をクリア。仕様は、7速オートマチックで左ハンドル車のみ。価格は814万円。

【拡大画像や野口健特別仕様車の紹介画像】

 ML 350 BlueTECは、3リットルV6直噴ターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力は211馬力、最大トルク540ニュートンメートルを発生する。低回転域から大トルクを発生するエンジン特性により、「5リットルクラスのガソリンエンジンに匹敵する力強い動力性能を実現した」という。

 燃費は、軽油1リットルあたり9.4キロ。排出ガスに尿素水溶液「AdBlue」を噴出することで化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物を大幅に削減する。AdBlueは、1年ごとあるいは1万キロごとのメルセデス指定点検時に補充する。

 サイズは4790×1935×1815ミリ(全長×全幅×全高)、車両重量は2290キロ。乗車定員は5人だ。ボディカラーは、標準色のカルサイトホワイトのほか、オプションで9色を用意する。

 また、7台限定で「ML 350 BlueTEC 4MATIC Limited for Seven Summits by Ken Noguchi」も発売。登山家・野口健氏とのコラボレーション企画で、売上の一部は清掃活動や地球温暖化の調査などの環境保全活動へ寄付される。

 特別仕様車は、オブシディアンブラック(5台)とカルサイトホワイト(2台)の2色を用意。雪の結晶をイメージしたという専用デザインの20インチ10スポークアルミホイールを装備する。価格は899万円。【岡田大助】

【関連記事】
専用設計のオーディオシステムを搭載した限定10台のベンツCLSクラス
小手先だけのチューニングではない新型ゴルフR
なぜ無酸素で8000メートル峰を登るのか――登山家・小西浩文
南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん(前編)

民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛--集計(毎日新聞)
阿久根市長、市民団体がリコール運動へ(読売新聞)
郵政改革法案、衆院総務委が可決(読売新聞)

<口蹄疫>「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日、宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が拡大している問題で、赤松広隆農相と、現地対策本部に派遣している小川勝也首相補佐官らと首相公邸で協議した。赤松氏は同日始まった家畜へのワクチン接種までの経過などを報告。首相はエース級種牛にも感染の疑いが出たことに懸念を示し、「スピード感が大事。県や地元の皆さんと協力してしっかり仕事を進めてほしい」と指示した。

 これに先立ち、首相は札幌市の民主党北海道連パーティー向けのテレビ中継のあいさつで、口蹄疫対策について「人間の英知と努力でウイルスに勝たないといけない。撲滅のために戦い、精いっぱいこの問題を解消していく」と語った。【笈田直樹】

【関連ニュース】
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:新たに5市町9農家で疑い 宮崎
口蹄疫:ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に
口蹄疫:感染疑いのスーパー種牛の「忠富士」 殺処分に

<江津市長選>無投票で田中増次氏が4選 島根(毎日新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
<諫早干拓>長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)

大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)

 14日夕、大阪市西淀川区歌島2のマンション5階1室で、男性2人が血を流して倒れているのが見つかり死亡した事件で、府警捜査1課と西淀川署は、この部屋に住む無職・矢野裕一容疑者(44)が2人を刺したことを認めたため、15日未明、殺人容疑で逮捕した。

 調べに「口論となって刺した」と容疑を認めているという。

 発表によると、亡くなったのは、いずれも住所、職業不詳、稲塚和広さん(41)と真鍋英士さん(37)。矢野容疑者は同日午後0時半から5時頃までの間、同区歌島2のマンション5階の自室で、稲塚さんらの胸や背中など十数か所をナイフで刺し、殺害した疑い。

 矢野容疑者は犯行直後、「部屋の中に男が2人倒れている。自分もけがをしている」と119番。同署員らが駆けつけ、倒れている2人を発見、現場付近には血の付いたナイフが落ちていた。矢野容疑者は当初、「刺した男は逃げた」と説明したが、内容があいまいだったことから府警が追及したところ、犯行を認めたという。

海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
初の金星探査機 きょう打ち上げ(産経新聞)
来週中にも原告と面談=B型肝炎訴訟で厚労相(時事通信)
多摩川 アユの遡上ピーク(毎日新聞)

与謝野氏が鳩山首相を酷評(スポーツ報知)

 「たちあがれ日本」の与謝野馨共同代表(71)が、同じ東大卒の鳩山由紀夫首相(63)を「本当は頭の悪い人」と酷評した。同党は5日、東京・JR有楽町駅前で立ち上げ後3度目の街頭演説。与謝野氏は、4日の沖縄訪問での首相の頼りない言動を指摘し「試験の答案は書けるけど、責任感を持ってモノを考えることができない人。弟の邦夫さんもそう言ってました」と聴衆の笑いを誘った。

 さらに、大資産家の家庭に育った首相の、世間とはズレた感覚を糾弾。「金持ちが総理大臣をやっちゃいけない。平沼(赳夫)さんもサラリーマンの息子だし、私も役人の小せがれ。最後の青春を懸けて戦う」と宣言した。聴衆の中から、同党からの参院選出馬を直訴する男性も現れた。公認候補者は7日に発表予定。

 【関連記事】
慎太郎知事が小沢氏も鳩山首相もメッタ斬り
たちあがれ日本、舛添氏と連携も
鳩山首相お粗末!やっぱり「県内」…普天間基地移設問題
鳩山首相、沖縄県内移設を表明

【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
<もんじゅ>NPOが抗議文 運転停止求め(毎日新聞)
「首相の無知のツケ」=自民・石破氏(時事通信)
巨人元内野手の中畑清氏擁立へ たちあがれ日本(産経新聞)
プロフィール

わたぬきえいじ

Author:わたぬきえいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。