スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2次補正予算案 成立へ 鳩山首相、守りで“逃げ切り”(毎日新聞)

 09年度第2次補正予算案は25日に衆院を通過し、28日に成立する見通しとなった。これまでの審議では、鳩山由紀夫首相は守りに終始したが、野党側の追及不足もあり逃げ切った格好だ。ただ、与党側は補正予算審議と引き換えに2月中の集中審議や党首討論の開催を約束。野党側は「政治とカネ」の問題をさらに追及する構えで、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件の展開次第では、首相が厳しい立場に立たされることも予想される。

 ◇政治とカネ

 首相は自らの偽装献金問題について(1)母親からの資金提供は知らなかった。贈与税を免れようとの意識はなかった(2)検察の捜査で違法性がないことは確認された--との答弁を繰り返した。野党から「国民の常識では信じられない」と追及されても、「なかなか理解はされないかもしれないが、真実は一つ」などとかわした。

 21日の予算委員会では、自民党の谷垣禎一総裁が「(資金提供を)首相が承知していると証明できたら首相をやめますね」と追及、首相の「当然、バッジを付けている資格はない」との答弁を引き出したが、追及はそこまでだった。

 一方、小沢氏を巡る事件では、首相は国会の外で「どうぞ戦ってください」「(小沢氏の元秘書で逮捕された石川知裕議員が)起訴されないことを望む」などの発言を連発、釈明や撤回に追われ自ら墓穴を掘った。

 2月4日には、石川議員の拘置期限を迎え、起訴は不可避とみられている。また、小沢氏本人への事情聴取を踏まえ捜査が進展する可能性もあり、首相にとっては先行き不透明なまま10年度予算案審議を迎えることになりそうだ。

 ◇緊急経済対策

 景気の「二番底」が懸念され、国民的な関心も高い景気対策。野党の自民、公明両党の批判は、自公政権がまとめた第1次補正予算の一部を鳩山政権が執行停止したことに集中し、議論は深まりを欠いた。

 「経済対策の空白ができた」。公明党の井上義久幹事長は予算凍結で景気に悪影響を与えたと批判した。自民党の茂木敏充幹事長代理は「(2次補正は)1次補正のコピーだ」と述べ、1次補正で凍結した項目が2次補正で復活している点を指摘し不要な凍結だったと主張した。

 これに対し、菅直人副総理兼財務相は「項目が一緒でも中身は全然違う」と反論。「一時凍結したからマイナスと言うが、中身を変えないと本格的な改革ができない」などと取り合わなかった。

 ただ、「政治とカネ」に多くの時間が割かれたこともあり、緊急経済対策の具体的な中身についての議論は未消化のままに終わった。【野原大輔】

【関連ニュース】
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
自民党:税調が政府批判 経済政策で攻勢
政府見通し:成長率は「1%台前半」 10年度
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判

<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
白金温泉 凍らない滝とブルーリバー 北海道(毎日新聞)
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁(時事通信)
<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)
スポンサーサイト

内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)

 飛鳥時代に築かれた国内最古のダム式灌漑(かんがい)用ため池として知られる大阪府大阪狭山市の狭山池一帯で、古代の地層から海に生息する植物性プランクトン「珪藻(けいそう)」の化石が多数確認されていたことが25日、わかった。同池は大阪湾の海岸線から約10キロ離れているが、研究者は古代、中世の東南海・南海地震による津波の爪痕(つめあと)と推測。大阪府は「現在では狭山池の津波被害はあり得ない」とするが、近い将来の発生が懸念される両地震の威力が、古代遺跡から伺い知れる貴重な事例となりそうだ。(小畑三秋)

 海抜70メートル前後の狭山池は7世紀前半に築かれ、奈良時代に高僧の行基が改修。今も灌漑用として機能している。

 大阪狭山市教委などが昭和63年~平成8年に発掘調査。5世紀以降と16世紀以降のそれぞれ数百年間の地層から珪藻の化石が確認され、海で生息する珪藻が最大で全体の5割近く占めていたことが判明した。8世紀ごろと17世紀前後の大規模な地震による噴砂や地滑りの痕跡も確認された。

 大阪府文化財センターの山口誠治主査(保存科学)は、内陸にかかわらず海洋性の珪藻が多い点に着目。古文書などから、津波を伴う東南海・南海地震として、飛鳥時代(7世紀後半)と1605年2月の慶長大地震があったことがわかっており、狭山池で見つかった地震痕跡の時期と近いことから、珪藻は両地震の津波で大阪湾から運ばれた可能性があると推測した。

 海岸線と狭山池の間には丘陵地があることから、津波は直線的ではなく、北方にあたる現在の大阪市域を経由して狭山池に到達したとみられている。

 山口主査は「地層の堆積物から津波痕跡を見いだす取り組みはまだ少ないが、調査事例を増やして各地域の被害状況が把握できれば、地震対策の啓発につながる」と話す。

 一方、大阪府危機管理室によると、近い将来発生が懸念される東南海・南海地震では、大阪湾に達する津波は最大3メートルと予測され、現在は海岸や河川に設置している水門や防潮堤によって津波被害は防ぐことができると指摘。水門の閉鎖が遅れたとしても、浸水被害は大阪市大正区や堺市北西部の海岸沿いなどに限定され、狭山池のある地域には及ばないという。

 ただ、古代の地層分析による津波の痕跡は、大分大学などによる調査で、大分県東岸の佐伯市米水津(よのうづ)の池でも確認。18世紀前半の海の砂の層が数十センチ堆積(たいせき)し、宝永4(1707)年10月に発生した大地震による津波が原因と推定した。

 大分大によると、この池は海岸沿いにあるが、周囲が高さ10メートル以上で海の砂が平常時に入り込む可能性は考えられず、高さ10メートル以上の津波が襲ったとみられる。千田昇教授(変動地形学)は「数十年以内に東海、東南海、南海の3つの地震が同時に起こる可能性もある。古代の地層を調べることで地震被害の大きさを想定し、防災対策に役立てることが重要」としている。

      ◇

 【用語解説】東海・東南海・南海地震

 フィリピン海プレートが陸側のユーラシアプレートにもぐり込むことによって、100~150年ごとに発生するとされる海溝型地震。伊豆半島から九州南岸までが大きな被害を受けるとされ、静岡や和歌山などで最大震度7、津波の高さは最大12メートルと予測されている。東南海・南海地震が同時に起こった場合、死者は最大1万8千人、36万棟が全壊すると想定されている。

<水俣病訴訟>熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
社民党首、重野幹事長の続投固める=一部が反発、調整難航も(時事通信)
「口が達者」人気者=スナックが接点-上田容疑者(時事通信)
菅副総理 林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)

鳥取連続不審死 殺人容疑で女の逮捕状請求へ(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、昨年10月に鳥取市内の川で変死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=について、鳥取県警は25日、殺人容疑で同市の元スナック従業員の女(36)=詐欺罪などで起訴=の逮捕状を週内にも請求する方針を固めた。詐欺罪などで起訴された同居の男(46)の供述などから、女が円山さんに睡眠導入剤を飲ませ、昏睡(こんすい)状態のまま川に放置、窒息死させた疑いが強まったと判断した。

 県警は当初、男についても殺人容疑での立件を視野に捜査していたが、その後の調べで男の供述に矛盾がなく、女が単独で円山さんを殺害したとの見方を強めた。男の立件は見送り、容疑が固まれば、女を再逮捕する。

 また女の知人で昨年4月に鳥取県北栄町沖の日本海で死亡した同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(47)も殺害された可能性が高いとみており、円山さんへの捜査終了後、矢部さんの死亡について女から事情を聴く。

 県警によると、円山さんは昨年10月6日午前7時ごろ、車で自宅を出た後、行方不明になり、翌7日午後2時ごろ、自宅から約5キロ離れた摩尼川で遺体で見つかった。死因は窒息死で、遺体からは睡眠導入剤の成分が検出された。

 男の供述によると、男は6日朝、女や円山さんと合流し、乗用車2台に分乗して鳥取市内の現場へ移動。女が「円山さんと2人で話がしたい」と言い出したため別の場所で待っていたが、女に携帯電話で呼び出されて再び戻ると円山さんの姿がなかった。雨は降っていなかったが、女は服がぬれた状態だったという。

 これまでの県警の捜査で、女は円山さんから購入した家電製品の代金が100万円以上未払いになっており、ほかにも複数の人物と金銭トラブルがあった。また円山さんの車のカーナビゲーションの記録を解析した結果、車は女の自宅へ立ち寄った後、遺体発見現場近くで止まったことが分かった。

 さらに遺体から検出された睡眠導入剤の成分が、女のアパートから押収されたものと一致。女は円山さんの殺害について否定しているが、県警はこれらの状況から殺人容疑での立件が可能と判断した。

 一方、男に接見した弁護士によると、女は昨年4月、矢部さんが遺体で見つかった現場近くの砂浜でも「矢部さんともみ合いになった」などと男に説明したことがあったという。

【関連記事】
鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述
鳥取連続不審死 円山さん殺害容疑で立件へ 薬の成分一致
鳥取連続不審死 詐欺容疑でスナック従業員の女ら3度目逮捕
鳥取連続不審死 詐欺容疑で再逮捕へ 不審死と接点の女ら
鳥取連続不審死 詐欺容疑の男に複数回電話

<参院選>社民党が埼玉、大阪選挙区に公認候補(毎日新聞)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常-沖縄(時事通信)
尼崎公害訴訟 和解から10年 歩道橋バリアフリーへ (産経新聞)
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側(産経新聞)
南極観測隊 同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)

福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)

 24日に閉幕した社民党大会は、主要ポストの国会対策委員長と政審会長の決定に至らず、夏の参院選に向けて挙党一致を目指した福島党首(消費者相)の求心力低下は避けられない。

 福島氏は24日、国対委員長には照屋寛徳衆院議員を充て、政審会長には阿部知子衆院議員を留任させる方針を決め、両氏に打診した。しかし、事前の調整が足りなかったこともあり、両氏が固辞、国会開会中に両ポストが空席となる異例の事態を招いた。

 人事混乱の底流には、福島氏や重野幹事長ら執行部の党運営に対する一部議員や地方組織の不満がある。参院選での民主党との選挙協力も思うように進まず、社民党が重視する米軍基地問題でも譲歩を迫られているとの不満が強い。党内では「民主党に譲りすぎだ。きちんと主張できる人材を執行部に置くべきだ」との不満が根強く、一時浮上した「党首代行」設置を求める声もくすぶる。23、24両日の党大会でも、米軍普天間飛行場移設問題で地方代表らから「県外、国外移設で踏ん張るべきだ」との指摘が相次ぐなど、参院選に向けて独自性を発揮するよう求める声が上がった。

 役員選考の仕組みも、新体制作りを難しくしている面がある。党則では国対委員長と政審会長については党大会での了承に先立ち、両院議員総会で選任手続きを経るとしているからだ。このため、福島氏は24日の大会開会中も、壇上の党首席をしばしば外し、別室で人事の調整に追われた。昼の大会休憩中に両院議員総会を開いたものの、予定時間を超過したため、午後の再開は約1時間も遅れ、大会運営にまで影響が出る事態になった。

 重野氏は大会終了後の記者会見で「(人事は)お互いに納得したうえで決めないといけない。事前の作業が不十分だったと率直に反省している」と釈明した。

 この日決まった新執行部の主な顔ぶれは次の通り。(敬称略)

 党首 福島瑞穂▽副党首・選挙対策委員長 渕上貞雄▽副党首 又市征治▽幹事長 重野安正▽副幹事長 中島隆利

小沢氏の共謀が焦点、土地疑惑の解明詰め(読売新聞)
神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)
<雑記帳>500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定(産経新聞)
プロフィール

わたぬきえいじ

Author:わたぬきえいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。